【写真付き作り方】手ぬぐいであずま袋

b0287814_03913100.jpg

手ぬぐい一枚をたたんで縫うだけで、あずま袋ができます。
あずま袋は、日本に昔からあるもので、手ぬぐいのような長方形の布を用意するだけです。

籠バッグの内袋や、旅行の時の小分け、サブバッグ、エコバッグとしてとても便利です。

手ぬぐいなどの木綿で作るとお洗濯もできます。



1.布の両端を始末します。
b0287814_039635.jpg
わたしは、ミシンに付属の三つ巻き縫いの押さえを使って簡単に。
三つ折りか二つ折りにして縫ってもいいし、手ぬぐいであれば、始末しなくても大丈夫です。

b0287814_039763.jpg
上の写真が三つ巻き縫いの押さえです。

b0287814_039597.jpg
こんな風に巻き込みながら縫ってくれて便利です。

2.布を、中表にして、両端から均等に三つにたたみます。
b0287814_039880.jpg
上の写真のように「わ」と布の端が両側にきます。
反対側は布端が、「わ」の中に入っていることになります。

3.
b0287814_039921.jpg
「わ」の中に入っている布端を、マチ針で留め、
b0287814_0391037.jpg
反対側の「わ」から、布端まで、縫い代7mmぐらいで縫います。


4.縫い終わったら縫ってない方を、手前に回します。一旦、均等に折った一番上の布をめくり、内側の布の、縫ってない方の布端の角を持ち、対角線に折り上げます。
b0287814_0391153.jpg



5.「4」でめくった、上の布を元通り被せ、マチ針をうち、
b0287814_0391231.jpg
「わ」から布端まで「3」と同じように縫います。


6.縫い終わったら表に返し、アイロンをかけます。タグをつけました。
b0287814_0391288.jpg
b0287814_03913100.jpg



7.
b0287814_0391425.jpg
畳むとコンパクト。バッグの中で出番を大人しく待ってるサイズです。


以上です。
イラストで作り方を解説したこともあります。そちらも合わせてご覧になるとよりわかりやすくなるかも。


★ イラスト付き「あずま袋」の作り方
[PR]
by bun-akane2 | 2015-04-30 06:25 | 縫い物


<< 2015年3月と4月の猫 消しゴム版画 寒椿 絵はがき >>